“I”のための慈善行為コンサルティング・プラン
noimage.jpg
価格:240,000円 (1年契約)
   700,000円 (3年契約)
   1,080,000円(5年契約)
出品者:(株)ZENIアドバイザーズ

商品紹介

 全国のセレブ及び企業宣伝担当者の皆様。

 「無駄遣い」してませんか?
 
 皆様が病気の子供に寄付をするのは、何のためでしょう?
 もちろん、皆様自身の名声を高め、イメージをアップさせ、さらなる経済的成功へと自身を導くためですね。

 ですが、慈善行為には情報と計画性が欠かせません。
 むやみやたらに寄付しても意味はないのです。

 誰も知らない病気に適当に寄付をしてしまい、その結果、何のメディアにも載らずにお金を無駄にしてしまった、そんな悲しい経験はありませんか?
 新聞の目立ちもしない数行の記事に載っただけで、どれだけの宣伝効果があるでしょう?

 今、マスコミに注目されやすい病気は何か?
 同情を買いやすいのはどんな症状でしょうか?
 あなたと一緒に写真を撮る患者やその家族の容姿は?
 その患者にお涙頂戴の過去のエピソードはありますか?
 その患者にペットはいるのでしょうか?

 当社はあらゆる情報網を駆使し、あなたの慈善活動を全面的にサポートします。
 そしてあなたの寄付金をあなた自身の宣伝効果が最大になるように寄付先を選定し、常により良い寄付先をリサーチし続けます。
 まさに貴方自身――”I”のための慈善行為コンサルティングなのです。
 貴方自身で、当社の実力を実感してください。

10月26日、毎読新聞さんの特集記事に取り上げられました!!

『特集・医療は今③ “寄付金ころがし”――悲痛な命の叫び』

「青天の霹靂でした」
 長崎医師は、霊安室の前で唇を噛んだ。
15分前にその部屋の中へと消えて行った11歳の少年は、ほんの数か月前まで希望に満ち溢れていた。 世界に名を知られたとあるサッカー選手の寄付金で、心臓病から救われる手術が受けられる、はずだった。
 それがある日、たった一本の電話ですべての寄付金が引き上げられたのだ。少年の命を置き去りにして。
「もっと良い“投資先”が見つかったんでしょう」
 名サッカー選手は、現在よりマスコミの注目を集めている××××症候群へと寄付金の送り先を変更したのだ。 背景にあるのは、いま上流階級の間で話題の慈善事業コンサルティング会社「Z」だという。寄付金を出す側と契約を結び、契約者の売名に最も有利な寄付先を探し出す。その基準は、症状の重さでもなければ、患者の困窮ぶりでもない。ただひとつ、世間の注目をどれだけ浴びられるかということだ。あおりを受けるのは、頻繁に寄付金を変更される受け手である。
 世間に注目されていない珍しい病気の場合には、唐突にあらゆる寄付金を打ち切られ、治療法の研究などが停止してしまう場合も多い。
「善意の寄付金からは、いまや安定性が全く失われてしまいました。たまたまマスコミに注目されているような病気や災害、事件の犠牲者だけが優先され、その陰で注目されなかった人達はひっそりと死んでいく。そういう社会の仕組みができつつあるのです」
 某終末医療研究所の山井所長は嘆く。
 ここではかつて〇〇〇〇病の治療について先端的研究がなされていた。「あと5年もすれば、治療法が確立できるのでは……」 そう思っていた山井所長は、全ての寄付を引き上げられてから見込みを20年に延ばさざるを得なくなった。
 実業家、芸能人、スポーツ選手、大企業……以前からももちろん、売名のための慈善事業は存在していた。だが、今のように売名に有利な病気や災害の情報を敏速に集約して慈善行為を変更していくシステムは新しいものである。
 最近Z社が得意とする手法は「回転システム」である。
 重病人などへの寄付の際、顧客に寄付先を変更させておき、別の顧客に元の寄付先を紹介する。急に寄付者の都合が悪くなり手術ができなくなった重病人にとって、第2の顧客は救いの神として評判になる。新たな美談が誕生するのだ。
 そして手術の間際にZ社は同じことを繰り返す。
 患者は何人もの「慈善家」に名声を与えながら、死の瞬間まで絶望と希望を交互に見続けるのだ。
「寄付の計画を変更されても、貰う側の私達にはどうしようもありません」
 わずか11歳で見殺しにされた少年の母親は、息子の墓の前で悔しそうに呟いた。
 息子は、最初に寄付を取りやめたサッカー選手の大ファンだったという。
 (2015年10月26日 毎読新聞)


購入者評価

購入者4096人中
高評価3072人 低評価13人 未回答1011人

購入者レビュー


商品評価★★★★★
最初は疑ってたんだけど(30代 男性 プロ野球選手)

なんかインターネットで?氷水かぶって寄付するパフォーマンスが流行りだしたとかで、
「あ?なにそれ?」と思ったけど、コンサルタントの人が「今これがいけるんですよ!」と説得してくれて。
氷も偽物まで用意してくれる周到ぶりでした。
パソコンよく分かんなかったけど言われるままやってみたら、これがちゃんと話題に載れました!
廃れる前にノれて、ニュースになって良かったです。


商品評価★★★★★
目の付け所が良いビジネスですね。(20代 男性 ベンチャー企業家)

新聞を見て決めました。
実際に寄付先の選定は非常に迅速で、
ネットの動向も細かく監視しているのが分かりました。
大いに満足していますw


商品評価★★★★★
本当に助かってます!(50代 女性 女優)

〇×国大地震のニュースがテレビで流れるのと、寄付先変更のメールが到着するのがほとんど同時でした!
真っ先に地震への寄付を発表したら新聞が取り上げてくれて、大いにイメージアップになりました!
変更してなかったら、病気の子供のことなんてどこにも載らなかったと思います!
1000万円が無駄になるところでした!
本当に感謝しています!!


この商品を買った人はこんな商品も買っています

ヒットメイカー
ブループロミス~恋愛禁止特効薬~
ヒットメイカーⅡ
ハーメルンの絆
遂行一瓶

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License