次元間ベンダー
noimage.jpg
価格:8,941,031円
出品者:元・超田共次

商品紹介

やあ、同僚・部下・上司諸君。
いや、「元」と付けるべきなのだろう。私の名前にもね。
私がこの通信文を送っている君達の時間的位置を計算に入れるならばだが。
組織は今――時制を君達に合わせて表現するなら――マイク・エンターテイメント・カンパニーという会社になっているようだね。
私を覚えているかい? 記録上は死亡扱いになっているんじゃないかな?
あれは2012年6月26日のことだった。次元異常現象の探査中、私は他の研究者たちの見ている前で肉体を分解された。
同僚達にはそのように見えていたはずだ。

もしそうなら訂正しておこう、死亡という表現は正しくない。
私は死者とは異なる存在だ。

君達と一緒に働いていた頃は、一般人が「幽霊」と呼んでいる存在を何体も捕獲したものだった。
まるでそれが我々の存在を防衛するための当然の権利であるかのように。
だが、生死の境目など……あの幽霊たちと、君ら生きている人間の違いなど、今の私からみれば無いも同然なのだ。
私はそんな微々たる差を遥かに超越した存在へと変換されたのだ。
思えば、その何の意味もない違いを大義名分に、私たちは大騒ぎしながら幽霊たちを捕獲したり排斥したりしていた。

100年前までの人類は肌の色を理由に、生者同士で排斥や捕獲を行っていた。
そして私自身も、ついこのあいだまで君達と一緒になって、死者たちに対して同じことをしていたのだ。
なんと愚劣で滑稽なことだったのだろう。

さて、私を今の状態にしたあの事故が、君達の技術的ミスによるものだとは分かっている。
人間であった頃の私から見てもごく低レベルな、単純な確認懈怠に過ぎなかった。
だが私は恨んではいない。今の状態もなかなか興味深いものでね。
むしろ君たちに面白いものを提供しようと思っている。
このプレゼントは君達の新しい事業の幅を広げてくれるはずだ。
だがせっかくだから、今の君達の流儀に従って提供することにしたい。

貨幣との交換だ。


購入者評価

**購入者1人中
高評価0人 低評価0人 未回答1人 **

購入者レビュー


レビューはありません。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

紹介する商品はありません。

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License